ブランド戦略・ブランドの創出のお手伝いをします

企業活動においては、競合他社との差別化を実現しつつ、市場における存在感を創出させるブランドづくりが必要です。マーキスブランディングは、あらゆる角度から貴社のコーポレートブランド、製品、サービスの価値を高めるお手伝いを致します。

 

企業ブランディングの必要性

市場の価値観は時代に応じて常に変化します。企業が変化に対応するためには、確たるブランディング戦略をもつかどうかが極めて重要です。その時代の価値観において、より信頼される企業からのサービス、製品が選択されます。ブランディングコンセプトは、実体のサービス・製品とリンクしつつ、伝統とすべきコアコンセプトの維持と、時代を反映したコンセプトの適用という、絶妙で且つスピード感をもった展開と実践が必要です。

 

企業を育てるインナーブランディングとアウターブランディング

インナーブランディング; 社内のスタッフ向けにブランドを構築するインターナルブランディング(インターナルマーケティングとも呼ばれる)は、社員や生産側に携わる人々に企業ブランドの価値や、社会で目指すべきあり方を理解させるブランディングであり、所謂、社内広報誌等を利用した啓蒙活動を起源とするブランディングです。

インナーブランディングを実施することで、仕事への誇りとやりがい向上という内向きの効果だけでなく、それは、社員の顧客志向の向上へとつながり、社員や関係者によるブランド価値の社外発信、つまり、アウターブランディングへと展開されます。

アウターブランディング; 一般的なブランディングのイメージであるアウターブランディングは、顧客などの社外に向けたブランディングです。製品やサービスの素の機能や役務に対して、その役割や企業独自の付加価値を加えたものです。嗜好性のコンテンツと連動したイメージ作りや、CSR活動との連動により、企業や企業の製品、サービスの目指す方向性を創出します。

 

多言語パブリシティサービス

ここ数十年で、IT技術の進化と共に、世界の市場はグローバル経営時代と呼ばれつつ、急激な変化を呈しています。とりわけ、日本企業にとっては、直接的な世界の言語でのブランディング構築の対応が要求されています。マーキスブランディングは、多言語ソリューションで貴社をバックアップ致します。

 

お気軽にお問い合わせください。03-5990-5563受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。